Orange orange

もかは清水エスパルスを応援しています

わたし、ちょっと怒っています

ここで吠えていても仕方ないけど。

エルゴラか何かの記事見出し『王国最大の危機』。要は残留争い。これに対し、「最大の危機は、消滅の危機のこと。今回のものは最大なんかじゃない」と述べている方がいた。

たしかに、そう。その通りなのだけど。この期に及んで「こんなの大したこと無い。もっと苦労してるもんね!」アピールしてどうすんの?

エスパルスだって企業だから、経済的に安定していることは重要。だけど同時に、プロサッカークラブとして地域に貢献していくことも重要。というか、それが出来ないなら、存在意義を失う。

エスパルスの基本理念は、「分かち合う夢と感動と誇り」。地域に夢と感動と誇りを与えることが、エスパルスの使命。それを踏まえて考えれば、中断前の鳥栖、鹿島、中断後のガンバ戦…数々の無気力試合をしたことは、エスパルスが存在する意義を失う最大の危機だったと言える。お金と理念と、どちらもクラブの存続に欠かせないものだ。

だいたい、静岡、清水には、あらゆるカテゴリーの、あらゆる目的のサッカーチームがあるではないか。年齢、性別、ゆるゆるしたものから優勝を目指すものまで、なんでも揃っている。その静岡において、普通の人々が、プロとはいえ「ただ存在しているだけ」「存続が第一」のクラブに、どんな価値を見出すというのだ。どんな魅力を感じるというのだ。

ゴトビ監督解任に関して、清水の地域性を批判している人がいたけれど、それは違う。清水や静岡の人たちは、よく知っているだけだ。エスパルスが何も目指していないことを。地域の人たちに変わってもらうんじゃない、私たちサポーターが変わらなくちゃいけない。消滅の危機の恐怖から、脱しなくては。消滅するよりマシ、と夢をあきらめることを止めなくては。

もうちょっとごちゃごちゃ考えたけど、また今度。おやすみなさい☆