Orange orange

もかは清水エスパルスを応援しています

J2第5節 20160326 モンテディオ山形戦 NDソフトスタジアム

本日はシリア戦ですね!

 

今朝父と「チケット売れてないんだって。選手間で話し合ったって」「話し合っても、足りないのはウッチーと武藤くんだからなぁ…」などという下世話な話で盛り上がりました。イケメン大事。エスパルスはどうだろう…。ウッチー・武藤に匹敵するイケメンはいるのでしょうか。いえ私の中ではリッキー&西部は、Jリーグヒゲイケメン・ワンツーフィニッシュですけどね!!しあわせだ!

 

さてさて、山形戦。

 

せーの!

 

「勝てばよかろうなのだぁぁぁぁああああ!!!!!」

 

コバさんの言うとおり、ちょっとだけうちに運があった、という感じですね。

 

航也→デューク

石毛→澤田

タク→竹内

 

デュークが競った後のボールをどちらが拾うかで、流れがあっちに行ったりこっちに来たり、という不安定な試合でした。デュークには課題が山ほどあって、それが不安定になってしまった要因でもありますが、役割がハッキリしたためか元紀は動きやすそうでした。航也・元紀コンビも悪くないと思っていたのですが、元紀本人としては難しかったのですかね。元紀の動きが安定したので、河井や澤田くんも動きやすくなり、ボランチも上がる余裕ができ…という好循環が生まれていました。やっと河井のポジショニングの良さが攻撃に活きたなぁ、という感じです。サイドバックの位置取りもかなり練られていましたよね。福ちゃんのクロスに翔雅がシュートなどという健太さんが見たら発狂しそうなシーンもありませんでした(笑)途中から入った石毛・航也も、リードした中で何をすべきかきちんと理解していましたし、それを表現できていました。左サイドの守備がひどいものでしたが、弦太・ビョンさま・西部の集中力でカバー。特にビョンさまは最後まで足が止まらず、相変わらずクール&エレガント。タケフクにはみっちり反省していただいて、次に期待しましょう。

 

そして今回は、なんといっても、テセの復帰が大きいです!10分足らずでへとへとでしたが(笑)その間、元紀も石毛も生き生きしていましたよね。ターゲットとしても、相手に流れを渡さない体の使い方はさすが。はやく90分できるようになってほしいです。でももちろん無理はダメですよ!!

 

エスパルスは、他の2チームと比較しても、内容(というかチームマネジメント)的にぶっちぎりの悪さで降格しました。その中で自動昇格をねらう、ということは、勝ちながら作っていくということですよね。まずは結果を優先すると。社長も言っております。「つまらないときもあるかもしれないけど、暖かく見守ってね(はぁと)」と。自信を持って臨んだだけに、札幌戦の負けはかなりの痛手だったはず。わたしもプンスカしていましたしね!NDスタで負けもしくは引き分けだったら、チームが崩れていたかもしれません。動員を考えたらホームで勝ちたいところですが、たとえアウェイであったとしても、勝ち点を積み上げていくことで、終盤にお客さんを呼べます。集客には、イケメンより勝ち点。

 

昨年のJ2の結果を見ると、

 

大宮 勝ち点84 26勝8分8敗

磐田 勝ち点82 24勝10分8敗

福岡 勝ち点82 24勝10分8敗

 

現在の清水は、勝ち点8 2勝2分1敗

 

遠いな!

という本音はさておき、チームを作りながらと考えれば、まずまずのスタート。コバさんなら、やってくれます。どこかで勝ちっぱなしになります、きっと。あわてずさわがず楽しみに。まぁ、わたしが一番ぎゃーぎゃー騒いでいますけどね!

 

シリア戦、スタメン出ていますね。岡ちゃん、今日もやったれ!!