読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Orange orange

もかは清水エスパルスを応援しています

J2第12節 20160508 FC岐阜戦 岐阜メモリアルセンター長良川競技場

こんばんは!

 

またもやショボイ試合をしてしまいましたね。メンバーを変えてみたものの、全く機能せず。ハチがパスを出そうとしても、誰ももらいに来ないので、クルクル回っているだけ。元紀・弦太はものすごーーーく動いていましたが、他の選手はさっぱりでした。あの河井さんですらトラップミスをする始末。結局、戦術村田に戻すものの、すでに岐阜は対策済み。対策されても、なんとなくチャンスができてしまうところは村田くんさすが、なのですが…。

 

今年のクラブスローガン、覚えていますか?「NO GUTS, NO WIN.闘魂なきところに勝利はない。」全くその通りです。ガツガツ来る岐阜の選手たちに対し、どんどん自信を無くして消極的になっていくエスパルスの選手たち。選手間の距離は広がるばかりで、個々でがんばっている状態。なにが闘魂だ、どこに固い絆がある?そりゃ、連戦の選手は疲れていたでしょう。でも、ホーム→京都→岐阜ですよ。九州や北海道や四国じゃないのです。しかも他のJ2チームより1日休みが多かったはず。ハチや健平がどれだけこの試合に懸けていたか、他の選手たちは分かっていますか?ふたりにだって原因はありますよ。セカンドボール拾ってくれー、とか。遠くに蹴りだしてくれー、とか。ありますけど、もっと回りがどうしたいのか聞いて理解して動いて、もしくは動かしてあげてほしいのです。それがチームでしょ?これじゃ、勝てるわけがないです。

 

気がつけばもう12節が終了。現在勝ち点が19ですから、ほぼ2勝分、足りない計算です。内容が良くて結果がついてこない、ということであれば嘆くことも無いのですが、この試合に関しては、負けなくて良かったね、と言うしかないです。この試合で見えた希望といえば、けんぺーちゃんの好守と、セットプレーでやっと点が取れたということと、弦太の奮闘でしょうか。その弦太もトゥーロン国際大会のメンバーに選ばれ、なおかつオリンピックもとなれば、しばらく離脱。戦術村田以外の得点パターンが見つからない中、守備の要も抜けるとなれば、抜けるとなれば………うーーーむ。

 

それでもやっぱり弦太にはオリンピックに行ってほしい!!今のがんばりが報われてほしいです。五輪メンバー入りは、その先のA代表にもつながります。オカがそうでした。エスパルスに関しては、他の選手たちのがんばりに期待します!!というか、そもそもオリンピックは「んもう、こんなに選ばれちゃって困っちゃう!」な展開の予定だったのに、どうしてこうなった。まじでがんばれ。

 

長良川からの帰りのバスの中で、ちょっと話したことなのですが、「言っていることと、やっていることが違う選手が多い」。自分がどんなプレーをしているのか&得意なのか分かっていない。相手がどんなプレーをしたいのか&得意なのかも分かっていない。という疑惑。当然、言語化して説明もできない。だから、コバさんが居残り練習で、ひとりひとり丁寧に粘り強く「きみはこういうプレーをしている。ここが良いところ、ここは直してほしいところ」という説明をしているのではないかなーー、と勝手に想像しております。選手個々の能力の、棚卸し・整理整頓ですね。選手が、自分自身やチームメイトを把握できるように。これが終われば、あるべき場所にあるべきものがキチッと納まっていくのかな~。時間はかかりますが、必要な作業なので、もう待つしかないです。

 

それにしても、あんなにひどい試合の後も「まぁ、去年より(自分のメンタル的に)マシ!」と言える我々最高です(自画自賛?

 

次は一週間後。頭も身体もクリアにして。またがんばりましょう。


おやすみなさい☆