Orange orange

もかは清水エスパルスを応援しています

J2第34節 20161002 セレッソ大阪戦 ヤンマースタジアム長居

もうずっと水沼さんの解説でおねがいします!え、無理?そこをなんとか!!

 

よく逆転して勝ちましたねー。

 

セレッソのホームで勝ったの、17年ぶりですってよ、奥さん!おぎゃーと生まれたこどもが高校生になるまで勝っていない。そりゃ、大阪(というか関西全般)に良いイメージが無いわけだ(笑)

 

現地の皆様、暑い中、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

この勝ち組めー(●′∀`)σ)'Д`●)プニ

 

前節の負けは、かなりショックだったはずですが、しっかり気持ちを立て直して大阪入り。内容的にもセレッソを研究してきたことがうかがえるものでした。うちがテンション高く入って、徐々にあちらのマッタリペースに飲み込まれていったあたり、ちょっと前回対戦を思い出して嫌な感じでしたが、最後はハイテンションで寄り切りました。

 

ロコエスパルスでテセ兄から言われていた球際も、ボランチコンビ、がんばっていましたよね。ヴェルディ戦のあたりで不調っぽかったシラも、こうやって逆転ゴールまで決めてくれて…。なんて頼もしいんだろう、泣ける。ワンちゃんは、ワンちゃんに期待された跳ね返し・力強さを存分に見せてくれました。元紀はちょっとボールが足につかない感じでしたね。徐々に上げていってくれれば。

 

スタメンから外れる、外れない、またスタメンに復帰する、メンバー入りする…、コバさんがどれだけ繊細な作業をしているか考えると、くらくらしますね!!なんてったって、育成しながら昇格ですからね。サポは楽しいですけどね(笑)

 

最後まで粘ることができるのも、ずっと続けてきたトレーニングのおかげだと思います。怪我人が多いことは気になりますが、スタミナと裏表なのかな…と思ったりもします。長年サボってきたツケは、そうそう簡単に払えないです。

 

失点シーンは、村田くんが出るとこうなる、という今シーズンのパターンというか…。どうしてもサイドに張り付いてしまうので、相手は楽。それでも今まではサイドバックの選手が気を利かせることでなんとかしのいできましたし、その弱点を補って余りある強みがありました。今回はうしろが弦太でかなりセーフティなプレー。相手がセレッソくらいのクオリティがあると厳しかったです。ただ、サイドを意識させたことで、金子と航也を入れたことが活きたのだろうなー、とも思います。とにかくコバさんの修正力、すごいっす!それに尽きます!!

 

それにしても、航也は簡単そうに決めますねー。わたしなんて、スローにして何度か見直して、やっと「ああこういう風に決めたんだ」って分かったくらいですよ!(←いばるな)どんな選手になっちゃうのだろう。本当に楽しみです。

 

石毛もミッションは完遂しました。丸橋と山下(おだんごの髪型好きです)の間に入ってボールを受けたり、中でテセ・シラ・ボランチとのコンビネーションで崩したりしていましたよね。球際もすごくがんばっていました。あとはシュート。でも、あとはシュートだけなんですよ。いやあと守備の切り替えが遅いときがあるのも気になりますけども。コバさんからは、タケとともに「イメージ先行で、最後にキーパーを見ないで打っている」と言われています。うーむ、さすがコバさん、具体的。「決定力」などという曖昧なことばではありません。次から選手たちが直前にキーパー見ているか注目してみよーっと。

 

さて、セレッソに勝ちましたが、山雅に勝てなかったことで、順位は変わらず。勝ち点も、広がらなかったけど詰めることもできず。試合後の雰囲気は、圧倒的にセレッソが絶望感ただよっていましたが、現実はうちの方が圧倒的に不利です。だいたいセレッソって、前回対戦時と、システムもメンバーも大きく変わっているのに、うちよりずっと勝ち点稼いでいるところがすごいですよね…。

 

個人にもチームにもクラブにも、まだまだ足りないところがたくさんあって、こぼしてきた勝ち点がたくさんあって、それで今とても追い詰められています。エスパルスはまだまだ弱い。でも、それは伸びしろなので。まだまだ成長できます。苦しみながら勝ち取ってきた勝ち点を誇りに、未来に取ることができる最大の勝ち点を目指して、最後までがんばります!!まずは町田戦!!!

 

おやすみなさい☆