読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Orange orange

もかは清水エスパルスを応援しています

J1第6節 20170406 柏レイソル戦 日立柏サッカー場

苦しみながらも勝ったー!!

 

耐える時間が多かったものの、なんとかしのぎ、少ないチャンスをものにして2-0で勝利。右サイド・ファウル狙いの大津に苦戦しつつも、課題だったセットプレーからの守備は危ない場面はほとんどなく終了。欲を言えば、セットプレーからの得点も欲しかったですが、努力の跡は見えたので(トリックプレーのときにオドオドするのを止めたまえ(笑))、次に期待しましょう。むしろ流れから決定機を作られるという新しい課題に向き合うことになりました。

 

鹿島戦・ダービーと、なんとなく後手を踏み続けた感のある監督采配も、この試合では冴えわたっていましたよね。スタメンを角さんに戻さず、ふたみんを90分使い、自信を与え、その角さんはボランチで出場、しっかり禊終了を内外に示しました。これでふたりとも納得して次の試合に臨むことができるはず。前へ前へ来る柏に対し、村田くんを投入。村田くんは縦を切られても、できることを証明しました。デュークはパパとして息子として最高のプレゼントゴールをゲット。デュークがあんなに視野が広く上手くなっているなんて…!ペラペラだった選手層も、「ペラ」くらいにはなりましたね。あとは怪我人が戻り、外国籍選手がフィットすれば、きちんと紅白戦ができますね!(えー

 

実況・桑原さんによれば、わんちゃんには、角さんから「競り負けているぞ」と喝が入ったらしいです。角さんがいなかったから、と言われることは、ふたみんだけでなくワンちゃんも悔しかったでしょうね。柏戦でのわんちゃんは、集中力がとても高く、最後まで体を張り、ほぼ完ぺきな出来でした。かっこよかった!

 

さてさて、悩める10番。

 

鹿島戦の得点で少し持ち直すかな、と思ったのですが、まだまだのようです。左サイドは、后くんがガンガン来るので、シラが攻守にわたってバランスを取らねばなりません。攻撃時は、本来シラが中に入ることで后くんの上がるスペースを空けるのですが、最近は后くんがドリブルで中に入るシーンも多いため、シラが使いたいスペースが無いです。外を回ったりしていますけど、后くんは気づいているのかいないのか、だいたいシュートか中へのドリブルか詰まってバックパスですね。もう少し二人で話し合って、整理したら良いんじゃないでしょうか。このままでは、テセが孤立したままですし、セカンドボールも拾いにくいです。

 

守備時も、后くんの裏はボランチがカバーすべきスペースなので気にするなと言いたいけど…、がっくんはあまり足が速くないですし、スペースも広大だからたぶん気にしないのは無理なんですよね……。最近は相手も研究してきていて、奪ったらサイドバックの裏に長いボールを入れてスピード系の選手を走らせて、とやってくるので、危ない場面が増えています。昨日の試合ではシラの迷いがそのまま出てしまっていて、食いつけば剥がされ、距離を取ればサイドチェンジされ、と、一生懸命走っているのに、裏目裏目になってしまいました。

 

しかも次の大宮戦では、かならず元紀と比べられるでしょう。本人も気にしているかもしれません。でも、今の清水の10番は、白崎凌兵ただひとりです。孤高の存在ではなく、11人の中にいる、黙々とみんなのために汗をかく王様。

この停滞を、打ち破る試合になりますように。

少しでも力になれるよう、応援します!!
おやすみなさい☆